障がい者(障害者)の求人転職情報・雇用支援サービス

  1. 障害者求人・雇用支援サービスTOP
  2. atGPしごとLABO
  3. 就転職の準備をする
  4. 就転職の流れ/ポイント
  5. 【障害者採用】どんな流れで進むの?合理的配慮って何?をわかりやすく解説!

【障害者採用】どんな流れで進むの?合理的配慮って何?をわかりやすく解説!

更新日:2019年02月12日

「障害者採用で仕事を探したいけど、どうやって探すの?」という疑問をよく耳にします。まずは障害者採用のある求人の中から気になる会社を探すところから始まります。気になる企業に応募書類を提出し、書類選考を通過したら面接。複数回ある面接をクリアしたら、内定獲得という流れです。この記事では、障害者採用の流れを詳しく解説し、特徴も併せてお伝えしていきます。

障害者採用の流れは一般採用と大きく変わらない

初めて障害者採用の仕事を探す場合、気になるのは「どうやって就職活動を進めていくか」だと思います。
一般採用と違うところも多少ありますが、ベースは変わりません。

 

自分が働きたいと思う企業を探して、書類選考を経て面接に進む…と採用フローは多くの企業で共通になっています。
ただ、求人の探し方や書類選考、面接で想定される質問には障害者採用だからこそ気をつけないといけない部分もあります。

まずは求人を見つけるところから

よくテレビCMやネット広告で就活サイトや転職サイトを見かけますが、障害者採用の求人は非常に少ないです。
そのため、障害者採用を専門にしているサイトやエージェントを利用することをおすすめします。

 

マンツーマンでのサポートを受けられることもあるので、求人の探し方は「求人の探し方」カテゴリーにあるコラムをぜひ参考にしてください。

第一関門は書類選考

第一関門は書類選考の画像

一般採用でも言えることですが、書類選考は最初の難所です。

 

特に人気の会社や職種の場合、数名の採用に数百名が応募するということも、珍しくありません。
企業が優秀な人材を取りたいというのは、障害者採用でも一般採用でも変わらないので、書類選考はしっかりと準備しておかなければなりません。

 

絶対に通る書類の書き方はありませんが、マナーやルールを守って書くことで落ちる確率を減らすことは可能です。
例えば、封筒の宛名や添え状の書き方や、履歴書の内容などが挙げられます。

 

書類選考で気を付けたいことは「応募書類の基本「履歴書」の作成のポイントと提出のしかた。」や「障害者採用に応募する際に必要な自己PR文って何?書き方やその例文など徹底解説!」で詳しく取り上げているので、一度目を通してみてはいかがでしょうか。

書類選考を通過したら面接

書類選考を通過したら、次に待ち受けているのが面接です。

 

1回の面接で採用になる企業は少なく、2~3回の面接を経て内定という会社がほとんどです。
面接のステップは一般採用と同じで、1次面接は人事担当と行う会社が多いです。

 

1次面接では提出した書類を基に、経歴や志望動機などを質問されます。
面接で話す内容はもちろん、社会人としてのマナーなどもチェックされています。
挨拶、言葉遣いなどに問題があると、それだけで落とされることもあり得るのが面接の難しいところです。
事前に練習をしてフィードバックを受けてから臨むとよいでしょう。

 

1次面接を通過すると2次面接、3次面接に進みます。
2次面接以降は役員や社長との面接の会社が多いです。
最終面接を通過すると内定になり、入社手続きに進んでいきます。

合理的配慮とはなにか

障害者採用の場合、面接の中で「どのような配慮が必要ですか」と質問されることが想定されます。

 

企業は、入社する人がベストな状態で働けることを望んでいます。
そのため、どういった配慮をすればいいのか会社は知りたいのです。
背景には、2016年4月1日に施行された「改正障害者差別解消法」(正式名称:障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律)があります。

 

この法律では、行政機関や民間企業に、障害を理由に差別的な取り扱いをすることを禁止しました。
また、行政機関には障害者に合理的配慮を行う義務を、民間企業には合理的配慮を行う努力義務を課しています。

 

合理的配慮とは、働く上で障害が原因で支障を来す事柄に対し、企業側が一人一人に合った対応をすることです。
例えば、精神疾患を持っている方が仕事に復帰する場合、いきなりフルタイムで勤務すると状態が悪化することが想定されます。

 

そのため、時短勤務からスタートすることや、その人に合った勤務開始時間の調整が必要です。
聴覚障害の方の場合は、指示は極力筆談でしてもらうことや、口頭で伝える際は口の動きを読み取りやすいように正面から話してもらうなどがあります。

 

他にも、平日の日中に通院する必要がある人は、通院できるように業務を調整してもらうなども合理的配慮の一つです。

自分にはどんな配慮が必要か考えておく

病名や障害者手帳の等級だけでは、なかなか自分の状態が相手に伝わりません。
仮に同じ病気であっても、どういった配慮が必要なのかは人によって異なります。

 

そのため、自分にはどんな配慮が必要なのかをしっかり考え、伝えることが重要です。
しかし、配慮をしてくださいと自分から言うことはなかなか抵抗があるという方も多いのではないでしょうか?
言いすぎると不採用になるのでは?という声も聞かれます。

 

障害者採用は、会社がある程度の配慮をすることで、障害者が持っている力を発揮して働けることを目的としています。
必要な配慮を伝えられず無理して働いては、障害者にとっても会社にとってもメリットはほとんどありません。

 

どんな環境なら自分が働きやすいか、就職活動をきっかけに考えておくと、自分の働き方がよりイメージしやすくなるのでおすすめです。

就職活動の準備を効率よく進めていくには

就職活動の準備を効率よく進めていくにはの画像

障害者採用での就職活動を進めるにあたり、不安や疑問は多かれ少なかれあるでしょう。
今までに就職活動をしたことがあっても、自分の経歴の棚卸や面接の受け答えの練習など、専門家からアドバイスをもらいたいと考える方が多いです。

 

そんな時に最も気軽に利用できるのが、ハローワークです。
ハローワークには、障害者雇用専門の職員や職業相談員が常駐しています。
そのため、一人一人の障害特性や希望職種等を踏まえたアドバイスを受けることができます。

 

また、ハローワークの他に、障害者採用に特化した人材紹介サービスを利用する方も増えています。
求人の紹介から書類の添削、模擬面談まで手厚いフォローを受けることができる点がポイントです。

 

他にも地域にある障害者就業・生活支援センターや、就労移行支援機関でもサポートを受けられます。

流れを把握したら準備を進めよう

求人に応募、書類選考、面接、合理的配慮と障害者採用で働くまでの大まかな流れを説明しました。
書類選考、面接のそれぞれに準備が必要になるので、以下のコラムも参考にして考えていきましょう。
atGPエージェント

atGPLABO編集部(監修:戸田重央)

ライター:atGPLABO編集部(監修:戸田重央)

障害者専門の人材紹介として15年以上の経験とノウハウを活かし、障害者の雇用、就労をテーマとした情報発信活動を推進しています。 【監修者:戸田 重央プロフィール】 株式会社ゼネラルパートナーズ 障がい者総合研究所所長。 企業の障害者雇用コンサルタント業務に携わった後、2015年より聴覚障害専門の就労移行支援事業所「いそひと」を開所、初代施設長に。 2018年より障がい者総合研究所所長に就任。新しい障害者雇用・就労の在り方について実践的な研究や情報発信に努めている。 その知見が認められ、国会の参考人招致、新聞へのコメント、最近ではNHKでオリパラ調査で取材を受ける。 聴覚障害関連で雑誌への寄稿、講演会への登壇も多数。

このライターの記事一覧を見る

atGP会員登録 無料

atGPトップ
各種サービス
求人検索 転職支援サービス スカウトサービス 就労支援サービス 転職ノウハウ
お問い合わせ・よくある質問
お問い合わせ よくある質問