障がい者採用の考え方

企業は障がい者を一定割合採用しなければならない

企業の中には一般採用の他に、障がいのある方を優先的に採用する「障がい者採用」を設けているところがあります。
これは新卒採用でも同様で、全体の雇用人数に対し障がいのある学生を、障がい者採用で優先的に採用しています。
ではこのような枠がなぜ存在するのでしょうか。

障害者雇用促進法の規定に伴い 、企業に対し全社員の2.0%(平成25年4月現在)に相当する障がい者を雇用することを法令で義務付けています。
つまり障がいのある方が社会で活躍できるように国が後押ししているということで、「障がい者採用」は企業がこの法律を守るために創出した特別枠ということです。
企業で働きたいと考えている障がい学生の皆さんにとっても有意義な制度といえるでしょう。

障がい採用に対する企業のスタンスの見極めが必要

しかしどのような考え方で障がい者を採用するかは企業によって異なっており、その理由は大きく2つに分かれています。
ひとつは「法律で決まっているから障がい者を採用する」という企業と、もうひとつはCSR(企業の社会的責任)やノーマライゼーションの観点から「障がいのある方にも活躍の場を提供しよう」と考える企業です。
これについては皆さんが就職活動をしていく中で、企業の考え方がどちらのタイプなのかしっかりと見極めていくことが必要です。

障がいの有無に関わらず、「採用したい」と思われる人材になることが重要

また、採用枠があるからという前提で就活を行っているとうまくいかないケースもあります。
「障がい者採用があるのだから、採用されて当たり前」という考え方では、就活も入社後の生活も成り立ちません。
そのような考えで入社した社員が長い期間、その企業で働いたという例もあまりありません。

企業は、障がいの有無に関わらず、価値を提供できる人材を求めています。
もし「障がい者採用」がなくても企業から「この人を採用したい」と思われるような人材になれるよう、自分を磨く努力を怠らないでください。

障がいを理由にあきらめていませんか?非公開求人を含めてさまざまな求人を多数ご用意。

障がい者専門だからこそできる、きめ細かいカウンセリングで、
経験豊富なキャリアアドバイザーが、内定までをサポートします。

10年以上にわたり、障がい者の就職・転職をサポート!
就職・転職サポート実績業界No.1!

  • 会員登録をするとWEB上で「適性診断」ができる!
  • 就活支援サービスのご登録もこちらから!
会員登録
あしたを、変えよう。株式会社ゼネラルパートナーズ
ライク:ミー Media116
  • アットジーピー
  • アットジーピー就活サイト
  • 障がい者総合研究所
  • アスタネ
  • アットジーピーシゴトライ
  • LinkBe
  • いそひと
  • リドアーズ

ページの先頭へ