自分の障がいを正しく人に伝えるには?

自身の障がいを正しく知ってもらうことが、就職後のスムーズな仕事環境につながる

就職し仕事をスムーズに進めていくためには、職場の同僚や上司に対し、自身の障がいを正しく知ってもらわなければなりません。
それにはまず面接時に企業の人事担当者が理解しやすいよう、自分の障がい内容や程度について伝えることが重要です。
「言わなくてもわかってくれるはず」と思いこんではいけません。
正しい伝え方を覚え、今後の円滑なコミュニケーションに活かしましょう。

事実(経緯・障がい名・状態・通院有無など)を伝え、具体的な障がいの内容を伝える

では自分の障がいの伝え方についてです。
まず障がいに至った経緯(先天的なものか、後天的なものか)、何という障がい名で、現在の状態、症状に変化はあるか、医師からどのような診断をされているか、通院の有無などを伝えましょう。
その上で、具体的に障がいについて伝えていきます。

企業への障がいの伝え方の例

1. 障がい者手帳の記載内容
  • 障がい者手帳に記載されている障がい名(例:上肢機能障害)
  • 障害者手帳の種類と等級(例:身体障害者手帳の3級を取得しています)
2. 原因/経緯
  • 障がいを受傷した原因(例:交通事故)
  • その後の経緯(例:5歳の時に交通事故に合い、右肘の骨折と右肩の神経を損傷しました。リハビリに取り組み、肘関節の機能は回復したものの、指先にしびれが残り、肩の可動域に影響が残りました。症状は固定です。)
3. 詳細
  • 現在の障がいの状況(例:指先にしびれがあるため動作はやや遅くなりますが、曲げ伸ばしは可能です。肩から上に腕を上げることはできませんが、胸の高さまでは上げることができます)
    ※◯◯ができません、だけではなく、◯◯はできます、と「できること」も併せて伝える。
4. 制限/必要な配慮
  • 業務の中で発生する動作やシチュエーションを想定して、できること、できないことを正確に伝える
    (例:指先のしびれを和らげる薬を、1日に1度服薬しています。月に1回、薬の処方の為の通院があります。土曜日に通院可能です。
    PC操作時は両手で行いますが、右指先の動きが遅いため、1分間に約100タッチです。5kg以上の荷物の上げ下げには対応できませんが、持ち運びは対応可能です)

障がいを客観的に伝えることで、企業側はどんな配慮をすればいいかが見えてくる

このように具体的な説明をすることで、人事担当者はあなたが実際の職場で仕事をした場合の状況をイメージすることができます。

聴覚障がいの方なら、会議への参加方法や業務上でのコミュニケーション方法、視覚障がいの方なら、文書やパソコンの見え方、ガイド方法、下肢障がいの方なら、作業場所や配置、職場環境等の必要なインフラ設備や移動方法など、具体的に伝えていきましょう。

また障がいの程度を日常生活で行う動作に置き換えてみるのもいいでしょう。
「駅構内のアナウンスは聞き取りが難しいが、図書館のアナウンスは聞き取れる」
「新聞であれば、紙面に5cmくらい近付けば読むことが出来る」
「しゃがむことができませんが、かがんで床に落ちているものを拾うことは出来る」など、どのような動作が苦手で、どのような動作が可能かを伝えてください。

あなたが自身の障がいを客観的に伝えることで、企業側はどんな配慮をすればいいかが見えてきます。
オフィスの構造上、難しい配慮もあるでしょう。
しかし「こういうことは苦手だが、こうすればできる」としっかり伝えることが必要です。

自分の障がいを客観的に正しく伝えることは、企業にも障がいに対して客観的視点を提供することにつながります。
「この仕事なら十分活躍してもらえる可能性がある!」と思ってもらえるように、自身の障がいを客観的に伝え、一緒に働くイメージを持ってもらえるよう努めてください。

障がいを理由にあきらめていませんか?非公開求人を含めてさまざまな求人を多数ご用意。

障がい者専門だからこそできる、きめ細かいカウンセリングで、
経験豊富なキャリアアドバイザーが、内定までをサポートします。

10年以上にわたり、障がい者の就職・転職をサポート!
就職・転職サポート実績業界No.1!

  • 会員登録をするとWEB上で「適性診断」ができる!
  • 就活支援サービスのご登録もこちらから!
会員登録
あしたを、変えよう。株式会社ゼネラルパートナーズ
ライク:ミー Media116
  • アットジーピー
  • アットジーピー就活サイト
  • 障がい者総合研究所
  • アスタネ
  • アットジーピーシゴトライ
  • LinkBe
  • いそひと
  • リドアーズ

ページの先頭へ