企業インタビュー

グラクソ・スミスクライン株式会社

人事担当者からのコメント

グラクソ・スミスクライン株式会社
人財本部 採用・人財開発部
野網さん(左)

グラクソ・スミスクライン健康保険組合
常務理事 鵜飼さん(右)

グラクソ・スミスクライン株式会社
人財本部 採用・人財開発部
野網さん(左)

グラクソ・スミスクライン健康保険組合
常務理事 鵜飼さん(右)

会社について

グラクソ・スミスクライン株式会社(GSK)は、イギリスに本社を置く医薬品およびヘルスケア企業であるグラクソ・スミスクラインの日本法人です。「生きる喜びを、もっと」というミッションを掲げ、社員はさまざまな疾患に苦しむ患者さんに貢献していこうという気概にあふれています。 中途採用も積極的に行っており、プロパー社員だけではなく様々なバックグラウンドを持った社員が活躍しています。病気や障がいに対する理解も深いので、障がい者の方々もなじみやすいと思います。

障がい者に対する配慮・考え方

設備的な配慮としては、全盲の社員でも移動しやすいよう本社ビルのエレベータを音声付きに変更したり、ビル内の点字ブロックの敷設等を実施しました。そのほかには、パラリンピックの出場を目指すアスリートに、仕事と練習を両立できるような雇用形態を用意しています。また、入社前に受け入れ先の部署に説明会を実施して障がいの内容やどのような配慮が必要になるか理解してもらう一方で、仕事の仕方に関しては特別扱いをしないよう伝えています。 当社の社員は「患者さん中心」というGSKの価値観のもと、日々の仕事に向き合っています。私たちが求めているのは、志をともにし、一緒に成長していける人財なのです。たとえ事務作業ひとつであっても、その仕事が患者さんの命と健康につながっていくことを意識し、会社に、そして社会に貢献していただきたいと考えています。

採用して思うこと

今後はさらに採用活動に力を入れ、皆さんの活躍の場を広げていきます。現時点では、就業経験のない方に体験就業をしていただいたり、あるポジションでご縁がなかった方でもほかにも活躍できるポジションがないか各部門に確認したりと、就業チャンスを広げる努力をしています。現在は事務職が中心で高度なPCスキルや英語力を活かして活躍する社員が多いのですが、将来的にはさまざまな能力を持った方が活躍できる環境をつくっていきたいですね。 障がい者の皆さんに期待するのは、障がいを持っているからこその視点や強さを発揮し、周囲に勇気を与えてくれることです。そして、GSKで働くことでビジネスパーソンとして成長し、会社にそして社会に貢献する手応えを感じていただきたいと思います。

訪問してみた感想

製薬企業としての誇りとプロフェッショナリズム

製薬企業としての誇りとプロフェッショナリズム

医療や製薬業界を取り巻く環境が大きく変化する中、同社は業界内でも先陣を切ってその変化に対応し、リーディングカンパニーを目指している。障がい者採用においても先進的な取り組みを行い、他社が参考にしたいと思うような存在になることを目標にしているそうだ。お話を聞いていても、明確な目標を設定して、具体的にさまざまな取り組みを行っていることがうかがえる。そんな人事担当者の姿勢から感じるのは、製薬企業としての誇りとプロフェッショナリズムだ。 患者さんの命と健康に貢献するということは、ただ心優しいだけではかなわない。この充実した環境の中で、あくなき成長意欲を持って挑戦し、誇りある仕事をしていただきたい。

障がいを理由にあきらめていませんか?非公開求人を含めてさまざまな求人を多数ご用意。

障がい者専門だからこそできる、きめ細かいカウンセリングで、
経験豊富なキャリアアドバイザーが、内定までをサポートします。

10年以上にわたり、障がい者の転職をサポート!
転職サポート実績業界No.1!

  • 会員登録をするとWEB上で「適性診断」ができる!
  • 転職支援サービスのご登録もこちらから!
会員登録
あしたを、変えよう。株式会社ゼネラルパートナーズ
ライク:ミー Media116
  • アットジーピー
  • アットジーピー就活サイト
  • 障がい者総合研究所
  • アスタネ
  • アットジーピーシゴトライ
  • LinkBe
  • いそひと
  • リドアーズ

ページの先頭へ