企業インタビュー

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社

人事担当者からのコメント

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社
人事総務本部 人事部 採用グループ 田口さん

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社
人事総務本部 人事部 採用グループ 田口さん

会社について

当社は、仕事をするうえで、社歴や年齢はほぼ関係ありません。また、「正しいことは伝えるべき」というスタンスです。例えば、会議の場では上下関係などは気にせず、自分が最適と思われるアイディアを積極的に伝え、より精度の高い結論を導き出すために議論を尽くしたいと考えるカルチャーがあります。私たちが扱う製品やサービスは、命や健康に関わるものがほとんどですので、小さな見落としが大きな問題につながることあるからです。また、当社には行動規範として「我が信条(Our Credo)」があります。提案一つをとっても、それが顧客の利益になるかどうかなど、意思決定の基準が明確です。この行動規範が社員一人ひとりに浸透しているのも当社の大きな特徴です。

障がいについて

応募者には、入社前に必要な配慮について詳細に伺っています。一方で、配慮については、福祉の観点だけでは考えていません。社員一人ひとりに高いパフォーマンスを発揮してもらうために会社ができる限りのサポートをするという考えです。障がいのある社員それぞれへの対応については、「引き算の考え方」をしています。私たちができると思える最大限の配慮をしたうえで、社員に、不必要なものは除いてもらい、もし足りなければ伝えてもらい、それを補うということです。また、面接では、「障がいがあることでプラスに感じたこと」を伺うことがあります。当社は医療に深くかかわるビジネスを展開していますので、自分の体験・思いから生じうる視野の広さや、またその気づきを周囲に伝えられる方が当社に合っていると思います。

採用して思うこと

採用して思うことは、みなさん、とても頑張ってくれているな 、ということです。総じて、長期間にわたらないとお迎えした方が実際に活躍しているのかどうか見えにくいことが多いのですが、入社して短期間で高い成果を出している社員も多くいると伺うこともあり、嬉しく思っています。また、みなさん自分の仕事に誇りを持って働いているというのも常日頃感じるところです。顧客と直接触れ合うことの少ない業務であっても、どうやったらより顧客のためになるだろうかと考えながら仕事をしている方が多いです。私としては、肩ひじを張らずに周囲と協働しながら人のために頑張りたいという人と出会いたいと考えています。大切なのは「他者貢献」という意識です。「自分のためだけでなく、自分の仕事を通して他者に貢献したい」と考えることのできる方々をお迎えしたいと思います。

転職者からのコメント

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社
人事総務本部 総務部 水野さん

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社
人事総務本部 総務部 水野さん

会社について

外資系ということで、「成果主義」や「ドライ」などのイメージがありましたが、面接ではとてもリラックスさせてくれました。採用担当の方は、本当に会社のことが好きで、情熱を持っていたのが印象的で、あたたかさを感じました。障がいへの配慮についても、私の障がいに合わせて、ヘッドセットなど仕事がしやすい環境を整えたり、産業医との面談を定期的に設定してくれたりしましたし、他の社員で車イスを使用している方のために導線を考えたりするなど、配属先全体で何が必要かを考えてくれています。

転職前の状況

私は前職で、ジョンソン・エンド・ジョンソンの半分くらいの規模の内資系企業の総務を5年半ほど担当していました。当時、業務に慣れて全体が良くわかってきたところもあり、新しいことにチャレンジしてキャリアを伸ばしたいと思ったのが転職の理由です。ジョンソン・エンド・ジョンソンではチャレンジする機会を与えてくれますし、提案したことはできるだけ実現する方向で考えてくれています。

転職して思うこと

私が配属された総務部では、様々な部署の方とお会いすることが多いのですが、皆さんそれぞれの考え方を持っており、それによって多くの刺激を受けています。また、いろいろな考え方があることでシナジーが生まれていると思います。昨年11月の入社から現在までを振り返ると、コミュニケーションを取りやすい環境がありますし、マネージャーとの面談も定期的にあるので自分の意思が伝えやすいと思います。総務は縁の下の力持ちで、会社の土台や基礎になっている仕事だと思います。将来は、現在の業務だけではなく様々な場面で頼られる存在になりたいです。

転職者からのコメント

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社
人事総務本部 人事部 人材開発グループ
高尾さん

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社
人事総務本部 人事部 人材開発グループ
高尾さん

会社について

医療という分野から様々な人に貢献している会社であるためか、情熱を持って業務に取り組んでいる人が多いイメージです。私は昨年の9月に入社したのですが、会社のことがどんどん好きになっています。今年の4月から、新卒社員向け研修を主担当として任せていただいているのですが、チャレンジできる環境でやりがいのある仕事に取り組むことができていると感じます。また、声を上げればヒントをくれたり、励ましてくれたりと、同僚にも恵まれていると思います。みなさん前向きで行動力がありますし、仕事のクオリティに対して意識の高い方が多いです。

転職前の状況

前職は、広告関係の会社でデザイナーとして、デザインやプランニングの仕事を約10年やっていました。ただ、10年もいると、自分の裁量である程度仕事ができてしまう状況に気が付きました。そこで自分が将来どうなりたいかを考え、結論としてもっとチャレンジできる新しい環境に身を置くことに決めました。デザインの業界を離れ、全く別の仕事をすることに不安はありましたが、選考の過程で私の気持ちを正直に話せる場を設けていただき、不安を解消することができました。

転職して思うこと

私は、ジョンソン・エンド・ジョンソンに入って本当に良かったと思っています。ここには自分のやる気次第でチャレンジできる環境がありますし、同僚からも良い影響を受けています。私は仕事を通して、この会社のことを深く知ることができていると思います。今後は、人材開発の領域を極めて社員や会社の成長に貢献したいです。

訪問してみた感想

「我が信条(Our Credo)」で知られるジョンソン・エンド・ジョンソン

「我が信条(Our Credo)」で知られるジョンソン・エンド・ジョンソン

このよく知られる企業理念が浸透しているためか、同社の社員は、一人ひとりが自律しており、自分の行動に迷いがないように見受けられる。その象徴と言えるのが、今回インタビューした人事担当者だ。その人が行う面接は愛にあふれ、温かくも厳しい。採用基準はおそらく相当高い。しかしそれは、入社後に本人が苦労しないため。入社後の障がい配慮が福祉的なサポートだけではないのは、その人の能力を余すことなく発揮してもらうため。すべては「我が信条」に基づいたものであり、その人にとって何が良いことなのか?を考えてのもの。ベクトルが常に「他者」に向いた企業。それがジョンソン・エンド・ジョンソンの特徴の一つと言えるのではないだろうか。

障がいを理由にあきらめていませんか?非公開求人を含めてさまざまな求人を多数ご用意。

障がい者専門だからこそできる、きめ細かいカウンセリングで、
経験豊富なキャリアアドバイザーが、内定までをサポートします。

10年以上にわたり、障がい者の転職をサポート!
転職サポート実績業界No.1!

  • 会員登録をするとWEB上で「適性診断」ができる!
  • 転職支援サービスのご登録もこちらから!
会員登録
あしたを、変えよう。株式会社ゼネラルパートナーズ
ライク:ミー Media116
  • アットジーピー
  • アットジーピー就活サイト
  • 障がい者総合研究所
  • アスタネ
  • アットジーピーシゴトライ
  • LinkBe
  • いそひと
  • リドアーズ

ページの先頭へ