キャリアアドバイザーブログ|アットジーピー

障がい者 雇用・採用・求人・仕事サイト 障がい者就職・転職支援・ブログ
障がい者の総合就職・転職サービス アットジーピー

キャリアアドバイザーの中村です!

『障がい者の豊かな人生を実現するライフサポーターになる』べく、

日々奮闘中の我々キャリアアドバイザーから、

今回も面接対策に関してご紹介させて頂きます!

これから活動される方、既に活動中の方の参考になれば幸いです

 

前回は、自宅での面接シミュレーションの方法について

紹介いたしましたが、今回は面接で必ずと言っていいほど質問される

『長所・短所』の作り方についてご紹介いたします。

 

以前、カウンセリング時にこういう方がいらっしゃいました。

 

キャリアアドバイザー「Aさんの長所はなんですか?」

求職者Aさん「私の長所は、責任感が強いことです。」

キャリアアドバイザー「なるほど。なぜ、そう思われますか?」

求職者Aさん「新人時代には、毎日誰よりも早く出社して、

皆さんのデスクの掃除を行って参りました。中堅社員になった今は、

毎朝朝刊に目を通すことを徹底しています。」

 

この実際のエピソードを伺った上で、キャリアアドバイザーが

感じたAさんの長所は「勤勉」や「実直」であり、

「責任感の強さ」ではありません。

極端な例を挙げさせて頂きましたが、このように長所として

使うキーワードとエピソードがマッチしないことは実際によくあります。

 

これは、長所や短所を考える際に、エピソードからではなく、

キーワードから入っていることが起因しています。

つまり先にキーワードを設定し、それに照らし合わせた経験を

無理矢理に当てはめてしまうことで矛盾が発生します。

そして実際の面接の場においては、面接官の方に「この人は自己分析が

ちゃんとできていないな。」という印象を与えてしまいます。

 

では、どうすれば長所を考えることができるか?

 

そのためには、これまでの経験の「棚卸」が不可欠です。

長所とは、これまで「同僚・家族・友人に言われたこと」

「努力してきた過程」「結果を出した経験」などから、

無意識に自分の中に根づいているものであり、誰にでも存在します。

「棚卸」を通して、その無意識の長所を意識化していく作業が必要なのです。

経験=エピソードを整理することができたら、

それに対応した長所となるキーワードを考えて当てはめてみてください。

すると、シンプルで伝わりやすい『長所』が完成いたします。

 

ただし、これは簡単な作業ではありません。

静かな環境で、しっかり自分と向き合いながら、

時間をかけてじっくり行う事をお勧めいたします。

その際、頭の中で考えるのではなく、

必ずメモを取りながら行うようにしてください。

次回は、「棚卸」の仕方について、具体的にご紹介いたします!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【twitterでつぶやいています】



■お問い合わせ先
株式会社ゼネラルパートナーズ 関西支社
06-6343-9901(平日10:00-18:00)
kansai@generalpartners.co.jp

------------------------------
★業界最大級!1350件以上の求人を常時掲載!!
 障害者の総合就職・転職サービス アットジーピー

★関西エリアの障害者雇用の実績No.1
 関西支社のご紹介
------------------------------

運営会社:株式会社ゼネラルパートナーズ

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 就職/転職成功事例 Vol.5

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.generalpartners.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/820

障害者の転職・就職を支援するゼネラルパートナーズ進藤均の日記

アットジピーのご案内

会員登録