キャリアアドバイザーブログ|アットジーピー

障がい者 雇用・採用・求人・仕事サイト 障がい者就職・転職支援・ブログ
障がい者の総合就職・転職サービス アットジーピー

こんにちは。営業担当の西村です。

9月に入り、カレンダー等でお月見の絵を目にする機会が増え、
ようやく暦の上では「秋」を感じるようになりました。

しかしながら、まだまだ暑い日が続きますので、熱中症などの
暑さ対策が必要かと思います。
お体には十分にお気をつけくださいませ。

さて、今回は、私が週に2~3回行っている「面接同席」にて、
皆さんにお伝えしたいとても良い例がございましたので、
共有させて頂きます。

皆さん面接の時、緊張されませんか?

2~3メートルの距離に椅子がポツンと置いてある、
緊張感漂う応接室。
堅い表情で書類を見ている面接官を目の前にすると、
苦労して考えてきた志望動機や自己PRが吹き飛んでしまい、
頭が真っ白になってしまう経験はありませんでしょうか。

その面接の印象が合否の判断材料になってしまうこともあり、
いつも以上に「自分を良く見せよう」とか「良い事を言わなきゃ」
と自分自身にプレッシャーがかかり、追い込まれた状況になるのだと
思います。

私が面接同席した、現在活動中のAさんもそんな状況でした。

緊張する→プレッシャーがかかる→言葉が出てこない→緊張する
と、悪循環に陥っていたAさんが、その状況を打開しようと考えました。
ある面接前に出てきた言葉は、

「自然体」でした。

面接の場で自分を良く見せようという考えは捨て、ありのままの姿を
見てもらおうと考えました。緊張している自分も踏まえて、企業様に
判断してもらおうとしたのです。

そこでAさんが行った行動は、言葉が詰まったりすると
「すいません、とても緊張してて・・・」
と緊張している事をカミングアウトすることでした。

恐る恐る面接官の顔を見ると
「そうですよね~。誰だって緊張すると思います。」
と共感の言葉を返してくれました。

このことで、段々と自分に対するプレッシャーや面接官に対しての
緊張がほぐれ、ありのままの自信をアピールできたそうです。

緊張している自分を恥ずかしがらず、受け入れた事によって、
上手くいった面接だったように思います。

Aさんと同じようなお悩みをお持ちの方は、是非ご参考にして下さい。
皆さまのよりよい就職活動をお祈りしています。





【twitterでつぶやいています】


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■お問い合わせ先
株式会社ゼネラルパートナーズ 関西支社
06-6343-9901(平日10:00-18:00)
kansai@generalpartners.co.jp

------------------------------
★業界最大級!1350件以上の求人を常時掲載!!
 障害者の総合就職・転職サービス アットジーピー

★関西エリアの障害者雇用の実績No.1
 関西支社のご紹介
------------------------------

運営会社:株式会社ゼネラルパートナーズ

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 転職アドバイザーの徒然な日々 vol.96

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.generalpartners.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/569

障害者の転職・就職を支援するゼネラルパートナーズ進藤均の日記

アットジピーのご案内

会員登録