キャリアアドバイザーブログ|アットジーピー

障がい者 雇用・採用・求人・仕事サイト 障がい者就職・転職支援・ブログ
障がい者の総合就職・転職サービス アットジーピー

こんにちは。アシスタントの長浜です。

障がいの有無に関係なく、生活をする上で何かしら不便さを感じる事
は誰にでもあると思います。

例えば、両手に荷物を持ちながらドアを開閉するだとか、ベビーカーを
押している際にエレベーターがなく階段を歩いて昇降しなければならな
いだとか・・・

そんな不便さを快適に変える為に考えられたのが「ユニバーサルデザ
イン」です。
障がいの部位や程度によりもたらされるバリアに対処するのがバリア
フリーであるのに対して、ユニバーサルデザインは障がいの有無、年齢、
性別、国籍、人種に関わらず様々な人が使いやすく考えられたものです。

ユニバーサルデザインはノースカロライナ州立大学のロナルド・メイス氏に
よって考案されました。彼自身、身体に障がいがあり 「できるだけ多くの
人が利用可能であるように製品、建物、空間をデザインすること」 をユニ
バーサルデザインとして定義しています。そんなユニバーサルデザインは
同氏によって下記の7つの原則が提唱されています。

1. どんな人でも公平に使えること
2. 使う上で自由度が高いこと
3. 使い方が簡単で、すぐに分かること
4. 必要な情報がすぐに分かること
5. うっかりミスが危険につながらないこと
6. 身体への負担(弱い力でも使えること)
7. 接近や利用するための十分な大きさと空間を確保すること

ユニバーサルデザインは私たちの生活にとても身近であり、普段何気
なく使っている物にも誰もが使いやすくデザインが隠れています。

例えば、シャンプー容器の側面についているギザギザ。
「一体、何の為についているんだろう?」 と思った事はありませんか?
実はこれはリンスと区別する為のものです。同じような容器で2つ並ん
だ時、または髪を洗っている時に目をつぶっているとシャンプーとリン
スの容器の区別がつきません。そんな時、このギザギザを触って誰も
が 「これはシャンプーだ!」 と中身の確認をすることができます。

また、最初は医療・福祉向けに開発された温水洗浄便座はその快適
さと便利さが受け、後に一般家庭にも普及されました。
誰かにとって使いやすいものは、他のみんなにとっても使いやすい事
例の一部です。

この先、ユニバーサルデザインがもっと世の中に広がっていくという事
は、誰もが快適に生活ができる環境が整うだけでなく、個々の個性に
対する認知や理解に繋がる事なのかもしれませんね。



 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■お問い合わせ先
株式会社ゼネラルパートナーズ 関西支社
06-6343-9901(平日10:00-18:00)
kansai@generalpartners.co.jp

------------------------------
★業界最大級!1350件以上の求人を常時掲載!!
 障害者の総合就職・転職サービス アットジーピー

★関西エリアの障害者雇用の実績No.1
 関西支社のご紹介
------------------------------

運営会社:株式会社ゼネラルパートナーズ

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 転職アドバイザーの徒然な日々 vol.25

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.generalpartners.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/315

障害者の転職・就職を支援するゼネラルパートナーズ進藤均の日記

アットジピーのご案内

会員登録